入会規約(教室のルール)はしっかり作ろう

入会規約はしっかりと

「教室の入会規約はどうしていますか?」
こんな質問も多いので、今回は入会規約について書かせて頂きます。

 

長く教室経営を経験していますと、
入会規約の大切さを痛感することがよくあります。

 

入会規約をしっかり作らない方も多いのですが・・・・・
個人的には小さな教室であっても、入会規約はしっかりと作るベキだと思います。

 


何かの縁で、せっかく通って頂いた生徒さんと
考え方の不一致でトラブルになっては、どちらも気分がよくありませんよね?

 

仮に退会される場合でも、どちらも気持ち良く終わるためにも、
教室のルールは書面にして体験レッスンの時にも、ご説明するのが良いと思います。

 

そうは言っても小さなスクールでしたら
「甲」は「乙」に。とか、難しい表現を使った規約は必要ないと思います。

 

大切なことは、教室に通う生徒様にしっかりルールを提示して、ご理解頂くことですから、
難しく考えず、あなたなりの書き方で良いと思います。

 体験レッスンでも説明を!

ちなみに、私の場合は様々な情報をインターネットで探し、
自分なりのルールを入会規約として作りました。

 

ですので、特にテンプレート(雛形)はないのですが、
下記のようなことを、入会規約に書いてあります。(大まかですけど)

 

1.レッスンの回数・定員について
2.レッスン料・お支払方法など
3.教室の都合で休みになる場合
4.お客様のご都合でお休みする場合
5.退会・休会・クラス変更などで必要な書類
6.会員様の特典説明
7.別料金のサービスなど
8.除名などについて
9.規約を改善する場合

 

このようなことが、A4の紙に4枚程度、書いてあります。
※最初は少なかったのですが、年月の経過と共に増えました(笑)

 

こうしたルールは、生徒様が気持ち良く通うためのものでもありますし、
私達運営側を守り、不要なトラブルを避けるものになります。

 

是非、しっかりと入会規約は用意して下さいね。

 

■受講規約についても記載がありますよ!



カテゴリー : 教室経営のアレコレ

コメントを残す