広告費を「0円」にする方法

営業さんの気持ちも考えよう

今回のテーマは広告。その広告の中でもフリーペーパーのお話です。
(自社オリジナルのチラシを作れる方は意味がないですが・・・)

 

私の町ではフリーペーパーなる物が6 社位あります。と言うことは。
そう。 出版側もお客さんを獲得するのが簡単ではありません。

 

で。いきなりここが戦略です。
その名も 「義理と人情と仲良し」大作戦です。

 

私の場合・・・とにかく1 社(自分なりに効果があると判断した会社)と深く付き合っています。

だいたい月に1 回の発行なのですが、年に6 回~7 回広告を載せていました。
春や秋には少々予算を多く投入。

 

そう 【広告屋さん】のお得意様なのです。

 

ここ数年で、紙媒体の効果は非常に下がっているのも現実です。
実際に新規のお客さんがゼロの時だってあります。(*_*)

 

だから・・・ライバル達の掲載数も減っているのです。
そうして、掲載数を減らすのは目先の利益に目がいっている証拠ですよ。

 

たった1回で抜群の効果が出たら・・・ 潰れるお店なんてありません。
効果は出なくて当然 だから、こちらは積み重ねるのです。

 

そして、営業さんの気持ちも考えるのですよ。

 

営業さんが来ますよね?私は営業さんにはお客様と同じ扱いをします。

夏には冷た~い、冬には温か~い飲み物も出します。
営業さんから見れば私は良い人です。お金も出すし、優しい。

 

あなたなら、そんな良い人に厳しくできますか?

 

普通の人なら、厳しくできませんよね。
でもそれだけじゃ~さすがにコスト0 円にはならない。

 フリーペーパーも上手く利用

 

だからいつも一言だけ言っています。
「期日までに枠が埋まらなかったら言ってね☆」と。

 

そうです。つまり「今月は掲載しないけど、あなたが困ればお金を出す用意はあるよ!」
それだけは伝えておくのね。※これで営業さんも安心ね!

 

実際、広告枠が埋まらず困った営業さんは真っ先に私の所に来ます。
時には激安。本当に切羽詰まれば0 円です。

 

月に6~7 回掲載していれば、あと6~5 回は超激安。
または0 円になる可能性がグ~ンと上がるの。
それを他社はしていません。

 

年に1 回だけ掲載→新規生徒様を獲得できず→広告はまた1 年後。
それじゃー ムリムリ。 宣伝も大事ですから。

 

私は開業からずっとこの方法を繰り返した結果・・・・
他社の広告は年々減り、ドンドン一人勝ちに向かいましたよ。(経験談)

 

みんなが同じことをしたら意味が無くなるし、
地域制もあるので100%成功するとは限りませんが、
幸い私の町ではそういう経営者はいなくて、かなり成功しましたよ。

もしもあなたの町でもできそうなら試してみてはいかがでしょうか?

 

■生徒募集や運営に関する書籍も読んでおきましょう!



コメントを残す