小さい教室が大企業に勝つ戦略

数字の力を借りよう

今回、「小さい教室が大企業に勝つ戦略は●●」です。
●●って・・・・なんだと思います??

 

それは・・・ ズバリ行列 です。

 

人が並んで待っていたら「何だ??」って思いますよね。

 

具体的に説明します。
多くのスクールで「少人数制」と言っていますよね?

 

あなたの教室も「少人数制」ではないのでしょうか?
で・・・その少人数っていったい何人なの? これが問題なのです。

 

1 クラスが4 人~12 人位の教室でしたら、大体「少人数制」って言っていますよね?
グループレッスンの場合は多い人数でレッスンした方が儲かります。

 

それはそうなのですが、最初はそれがまずいんですよ。

行列、作っちゃう?

 

例えば
A ・12 人定員のクラスに3 人の生徒。
B ・4 人定員のクラスに3 人の生徒。
同じ3 人ですが、体験レッスンを受講しに来た方へのインパクトが違いますよね。

 

A は「まだまだ空いているなぁ~」
B は「あと1 人だけしか入れないなぁ~」

 

Bは4 人になれば満席です。
ホームページにも「満席」って書くことができるし、お問い合わせにも「満席」って言えます。

 

とにかく最初は信用がありません。
だからこそ「満席」にして信用して頂くことも作戦の1つです。

 

少しだけずるい考えかも知れませんが・・・・(汗)
数字の力は本当に強いので、利用しても良いと思います。

 

ちなみに私は6 人定員で始めました。
そして生徒様が増えていくにつれ1クラス定員も増やしていきました。
※やり過ぎない程度に

 

さぁ~ あなたの教室でも行列作戦!! 使ってみますか?

 

■生徒募集や運営に関する書籍も読んでおきましょう!



コメントを残す